2005/03/10

1-2.起動

p2カルテメーカーv3をダブルクリックして起動します。


Shot2
起動するとユーザー認証画面が表示されます。通常は「院長」を選択します。

初期状態ではパスワードは設定されていませんので、パスワードは空欄のまま「OK」ボタンを押します。


Shot3最初に起動する時は情報が登録されているデータファイルがどこにあるかを聞いてきます。
通常のファイルオープンダイアログですので、カルテメーカーフォルダ中の「カルテメーカーv3.data」を選択してください。

なお、次回起動時に改めてデータファイルを選択する場合は、最初のユーザー選択画面で「OK」ボタンを押すときに同時にキーボードのoptin(Alt)キーを押したままにするとこの画面が再度表示されます。


Shot5
評価版の場合、ライセンスキーがありませんのでこのような評価版として起動するという確認のダイアログが表示されます。「OK」ボタンを押して続けてください。

正規版をご購入されますとライセンスキーがお手元に届きますので、それをインストールするとこのダイアログは表示されないようになります。


Shot10起動するとこのような状態になります。


2005/03/11

1-3.終了

Shot14カルテメーカーを終了する時は、ファイルメニューから「終了」を選びます。コマンド(Ctrl)+Qのショートカットも有効です。


Shot15
終了確認のダイアログが表示されます。コメントの修正や画像の登録操作の途中の場合、その変更は保存されません。それを確認するものです。

保存する必要がなければOKを押して終了します。



Shot16
次に終了プロセスの進行状態を表示するダイアログが表示されます。

数分待っても終了しないときは、このダイアログに従ってコマンド(Ctrl)キーとShiftキーを同時に押してください。強制的に終了します。

サーバーモードで運用しているマシンでクライアントが接続されたままの場合は、クライアントの切断を待っていますの表示がでます。クライアントを終了させるとサーバーの終了プロセスはそのまま進行して終了しますが、なんらかの原因でクライアントを終了できなかったり、終了したのにも関わらずプロセスが進行しない時は、option(Alt)キーを押してください。クライアントの切断を確認しないで強制的に終了します。



2005/03/12

1-4.カルテを開く

Shot9右下に表示されている小さなパレットはナビパレットといいます。カルテメーカーの主要な操作はこのナビパレットを使います。
もしこのナビパレットが表示されていないときは、「パレット」メニューから「ナビパレット」を選んでください。


Shot23
カルテを開くには、ファイルメニューから「患者選択...」を実行します。

コマンド(Ctrl)+Oのショートカットも有効です。


Shot24
患者選択ダイアログが開きます。

実際の運用ではカルテ番号がわかっていますので、カルテ番号をいれて、「OK」ボタンを押します。


Shot31
カルテ番号の代りに患者名や患者名の読みの一部を入れることもできます。前方一致で検索しますので、「た」と入れれば、「た」で始まる患者さんのリストが表示されますので、その中から選択しOKボタンを押します。


2005/03/13

1-5.カルテを開く 2

Shot25
評価版の場合、どのような患者さんが登録されているかわからないでしょうから違う方法で開きましょう。
患者選択ダイアログは「キャンセル」ボタンを押して閉じてしまいます。
ファイルメニューから「総合情報...」を選びます。


Shot26
どの情報を表示するかの選択ダイアログが開きます。先頭の患者一覧を選んで、OKボタンを押してください。(項目「患者一覧」をダブルクリックしてもいいです。)


Shot28
このような患者一覧画面が表示されます。

開きたい患者さんをダブルクリックします。


Shot27
新しいウインドウが開き、カルテ画面が表示されます。最初に表示されるのは指定がなければ2号用紙に準じた形式のカルテ表示です。

最終日が表示されます。ウインドウのタイトルには患者番号と名前、生年月日が表示されます。
ウインドウの上部には年齢と保険種別が表示されていますが、これはカルテ上の選択した部分(黒く反転している部分)の日付での年齢と保険です。



2006/01/16

99-999.v1->v3変換 ステップ1

v1のデータファイルをv3のデータファイルへ変換する手順を説明していきます。

基本準備

●変換には十数時間かかります。その間にマシンがスリープしないように省エネルギーを設定をしてください。パワーブックの場合はACアダプターを接続してください。
省エネルギー:アップルメニュー->システム環境設定->省エネルギー   スリープをしないに設定。

●変換に用いるマシンのOSは、Mac OSX 10.3以上を推奨します。10.1、10.2は避けてください。OS9.xもできれば避けてください。クラシック環境をインストールしておいた方が便利ですが、必須ではありません。

●v1のカルテメーカーのデータファイルを必ずバックアップしてください。

●v1のカルテメーカーのデータファイルは4D tools 6.5.xで事前に検査してください。異常があればバックアップから復旧するか、データベースの再構築を行って正常なものにしてください。

●カルテメーカーホームページからカルテメーカーv3の評価版をダウンロードして解凍してください。



Shot1 ■ステップ1:カルテメーカーv3のための環境整備

ダウンロードしたfkmv3.dmgファイルをダブルクリックしてディスクイメージとしてマウントします。ディスクイメージの内容は画像のとおりです。
フォント(DentTTL8、KM_OCR-B)のインストールはこのブログの01-001.インストールを参照してください。

Shot3 Shot5 ディスクイメージの中の「カルテメーカー」フォルダをフォルダごと、ハードディスクにコピーします。コピーする場所はなるべく浅い階層がいいでしょう。通常はMacintosh HD直下にコピーするといいでしょう。

Shot4 Macintosh HD直下にコピーされた「カルテメーカー」フォルダです。内容はコピー元と一致してます。マウントしてあったイメージディスクは後で無用な混乱を招かないように、取出しボタンを押してアンマウントしてください。

Shot6 今インストールした評価版が正しく動作するかをチェックします。
カルテメーカーv3(.app)をダブルクリックして起動します。

評価版の詳しい起動方法は、このブログの01-002.起動をご覧ください。

Shot8 パスワード選択画面になります。ユーザーは「院長」です。パスワードは空白です。
必ず「オプションキー」を押したまま、「OK」ボタンを押します。


Shot9 オプションキーを押したままにするとデータファイル選択ダイアログが表示されますので、同じフォルダ内の「カルテメーカーv3.data」ファイルを選択します。

Shot10 評価版の機能制限を確認するダイアログが出ます。OKを押してください。

Shot12 Shot13 正常に起動するとこのような表示になります。
総合情報->患者一覧、適当な患者さんをダブルクリック。
カルテが表示されます。
カルテの表示、プリント、レセプトの発行と印刷などの機能を確認してください。
動作がおかしかったり、プリンタとの相性が合わないなどといったことも確認してください。ネットワークの運用のテストも心配でしたらおこなってください。

Shot14 テストに問題がなかったら、ファイルメニューから終了を選んでカルテメーカーv3を終了します。
もし、動作モードを「スタンドアロン」以外に変更した場合は、終了前に「スタンドアロン」の状態に戻しておいてください。

Shot15 終了確認のダイアログがでます。「終了」を選んでください。

Shot16 終了プロセスが進行し、カルテメーカーは終了します。
これでステップ1は終了です。カルテメーカーv3が動作する環境が整いました。


99-999.v1->v3変換 ステップ3

Shot32 ■ステップ3:4D 2003への変換

変換の第一段階としてデータベースの構造を4D 2003のバージョンに変換します。

「カルテメーカーv3(.app)」をダブルクリックして起動します。

Shot34 ユーザーは院長で、必ず「オプションキー」を押したまま「OK」ボタンを押します。

Shot36 「オプションキー」を押したままにすると、データファイル選択ダイアログが開きます。
前ステップでWEDDリソースを変更したv1のデータファイル(カルテメーカー.data)を選びます。

Shot37 4D 2003バージョンへの変換のためのダイアログが表示されます。「変換」ボタンを押して変換作業を始めます。この変換には暫く時間がかかります。

Shot38 変換が終了すると、通常の起動画面になります。
起動途中に設定データを更新するための確認ダイアログがでます。「更新」ボタンを押してください。

Shot40 暫くして変換が完了したことを示すダイアログが表示されるので、また「OK」ボタンを押します。

Shot41 終了を確認するダイアログがでますので、「OK」ボタンを押して処理を続行します。

Shot42 終了処理がおこなわれます。
これで4D 2003が完了しました。データの変換が正常に行われたかを確認します。

Shot43 検査にはバージョン2003(2004ではありません。)の4D toolsが必要です。4D japanのサイト(http://www.4d-japan.com/)からダウンロードしてください。
このページからダウンロードページに移動します。

Shot44 リンクをたどっていって、4D tools バージョン2003.xをダウンロードします。

Shot45 ダウンロードした4D toolsはカルテメーカーフォルダにインストール(コピー)しておくといいでしょう。

Shot47 4D toolsに「カルテメーカーv3.comp」(カルテメーカーv3(.app)ではtoolsを起動できません。)をドラッグ&ドロップして起動します。
「カルテメーカーv3.comp」はインストールしたカルテメーカーフォルダに含まれています。

Shot48 もし、「カルテメーカーv3.comp」がドラッグ&ドロップできない場合は、4D toolsをダブルクリックして起動します。
起動するとこのようなファイル選択ダイアログが表示されます。

このままでは.compを選択できないので、「使用可能」ドロップダウンリストから「4D コンパイルデータベース」を選びます。

Shot49 すると、このように「カルテメーカーv3.comp」を選択できるようになるので、これを選んで「開く」ボタンを押します。

Shot50 起動するとパスワード入力画面になります。toolsは「管理者」で入ります。パスワードはありません。必ず「オプションキー」を押したまま「OK」ボタンを押します。

Shot51 「オプションキー」を押したままにするとファイル選択ダイアログが開きます。先ほどの処理で2003 バージョンに変換したデータファイル(カルテメーカー.data)を選択します。

Shot52 4D toolsの起動画面です。データセグメントの欄で正しくデータファイルが選択されていることを確認してください。
確認したら、上部のタブの「メンテナンス」をクリックします。

Shot53 メンテナンス画面になったら、データ検査のレコードとインデックスを検査の「すべてを検査」ボタンを押します。

Shot54 検査がはじまると進捗ダイアログがでます。v1と同じような感じですのでバーが逆走するようなら破損してます。

Shot55 破損していなければ、このような表示がでます。

Shot56 「OK」ボタンを押して片付けます。元の画面で「終了」ボタンを押して4D toolsを終了します。

Shot64 異常がないことが確認できたら、ここまで変換したデータファイルをバックアップします。

もし異常が発生する場合は、もう一度、ステップ2のデータファイルの前準備からやり直してしてください。それでも異常が発生する場合は、v1の状態でデータファイルの再構築を行ってから、ステップ2からやり直してください。

以上でステップ3が完了です。


2006/01/17

99-999.v1->v3変換 ステップ4

Shot58 ■ステップ4:v3への変換

変換の第二段階としてv1のデータをv3のデータに変換します。

変換時にv3用として追加、修正するデータが「更新」フォルダにおさめられています。この「更新」フォルダをコピーします。
「更新」フォルダはダウンロードした評価版に含まれていますので、もう一度評価版のディスクイメージをマウントします。fkmv3.dmgをダブルクリックしてください。


Shot59 「更新」フォルダはマウントしたディスクイメージ(kmv3)の直下にあります。このように沢山のファイルがふくまれています。


Shot60 この「更新」フォルダを「カルテメーカー」フォルダにコピーします。

Shot61 このように「更新」フォルダは、カルテメーカーv3(.app)と同一の階層に置きます。

Shot62 ディスクイメージ(kmv3)はもう使いませんので、取出しボタンを押してアンマウントして片付けてしまいます。

Shot64 カルテメーカーv3(.app)をダブルクリックして起動します。

Shot65 パスワードダイアログでは院長で入ります。パスワードは空白です。念のため「オプションキー」を押したまま「OK」ボタンを押します。

Shot66 データファイル選択ダイアログが開きます。ステップ3で変換したデータファイル(カルテメーカー.data)を選択します。

Shot68 起動が完了すると、v3へデータを変換することを確認するダイアログが表示されます。「変換」ボタンを押してください。

Shot69 最初にマスタの変換がはじまります。
Shot70
Shot71
Shot73
Shot77
Shot90 マスタの変換が終わると、更新フォルダから追加修正分のデータを読込みます。
Shot112 読込みが完了するとマスタのコンパイルがはじまります。
Shot127 コンパイルが完了すると、次に患者さんデータの変換がはじまります。ここまでの処理は数分で完了します。
Shot129 患者データの変換には数時間から十数時間かかります。最初は基本データの更新をします。すべての患者さんがリストアップされます。

Shot131 次に不要データの削除。
Shot133 傷病履歴の変換が行われ、
Shot135 個別データの変換が開始され、また、全ての患者さんがリストアップされます。
これが終わると、進捗ウインドウが閉じますが、データ書き込みのためしばらく反応がありません。
Shot155 全ての処理が完了するとこの表示がでて、処理の完了を報告します。
「OK」ボタンを押すとカルテメーカーが終了します。

Shot162 終了確認ダイアログがでます。「OK」ボタンを押してください。カルテメーカーは終了します。

Shot163 変換中に発生したエラーがクリップボードに残っています。適当なテキストエディタやワープロソフトを起動してクリプボードの内容をペーストしてください。例ではエラーが報告されなかった場合です。何も表示されません。

Shot164 変換が完了したら、ステップ3と同じように4D toolsを使って検査します。
手順はステップ3と同じです。「カルテメーカーv3.comp」をドラッグ&ドロップするか、toolsをダブルクリックして起動し、「カルテメーカーv3.comp」を選択するかして起動します。 ユーザーは管理者です。

Shot166 2回目の検査ですので本来は必要ありませんが、念のためパスワード画面でオプションキーを押してOKボタンを押して、データファイルを改めて選択した方がいいでしょう。

Shot168 メンテナンス画面に切り替えて、「全てを検査」ボタンを押して検査を始めます。

Shot170 この画面が表示されれば検査は合格です。

異常が発生したら、ステップ3のバックアップを復帰してやり直してください。それでも異常が発生する場合は、v1のデータファイルの再構築を行ってから最初からやり直してください。

Shot64 以上でv3への変換処理は完了です。
カルテメーカーv3(.app)をダブルクリックして起動させて内容を確認してください。
レセプト座標、カルテ座標、旧商品マスタの書き出しなどの残処理は「カルテメーカー変換ガイド」を読んで行ってください。


99-999.v1->v3変換 ステップ2

Shot19 ■ステップ2:v1データファイルの前準備

クラシック環境がある場合、ステップ2は同じマシン上でおこないます。
クラシック環境が無い場合はv1を運用しているマシン上でステップ2を行い、前準備が完了したデータファイルを変換するマシンのカルテメーカーフォルダにコピーしてください。

v1のデータファイルは事前に4D tools 6.5.xで異常がないかどうか、必ず確認してください。異常があればバックアップを復帰するか、データベースの再構築を行って正常な状態にしてください。


Shot17 Shot18 評価版のデータファイル(カルテメーカーv3.data)はゴミ箱に捨てて削除します。


Shot172 Shot174 Shot176 v1のデータファイル(例では「カルテメーカー.data」)を評価版のカルテメーカーフォルダにコピーします。
オプションキーを押したままドラッグして必ず移動ではなく、コピーをしてください。(キャプチャー画面では+カーソルが表示されていませんが、実際には+が表示されます。)

Shot24 次にWEDDリソースを変更するために4D Customizer Plus 6.5.4jを用意します。

Shot25 用意した4D Customizer Plus 6.5.4jに、カルテメーカーフォルダにコピーしたv1のデータファイル(カルテメーカー.data)をドラッグ&ドロップして開きます。

Shot26 起動したら、WEDDリソースのアイコンをダブルクリックして開きます。

Shot28 WEDDリソースを「3.0a00」(全部半角英数字)に変更します。

Shot29 ウインドウを閉じていくと、保存確認ダイアログが表示されるので、保存します。

Shot31 保存が完了したら、4D Customizer Plus 6.5.4jを終了します。

Shot32 これで、v1のデータファイルの前準備が終わりました。ステップ2の完了です。


2006/08/07

80-001 自費項目の追加

自費の項目を追加する手順を解説します。

1つの処置(自費)項目は、処置マスタと処置名にそれぞれ項目を追加し、1組として登録されます。

大まかな流れは
1、処置マスタへの項目の追加
2、処置名への項目の追加
3、処置セットへの項目の追加
となります。

項目の追加処理は必ずサーバーで行います。

P24 ファイルメニューから総合情報を選びます。

P1 リストから保守を選びます。

P2 マスターメニューから処置マスタを選びます。

P3 80000番あたりからが自費の項目エリアです。

P4 ユーザー定義エリア(更新処理では変更されない番号の範囲)は88000番から89000番までです。例では88001番にハイブリッド冠を登録してみます。

P6 全く新規に項目を作製することも可能ですが、すでに登録済みの項目を複製した方が簡単に追加ができます。
今回の例ではハイブリッド冠ですので、それに近いMBを複製しましょう。
80001MBを選択して(クリックして黒く反転させます。)
更新メニューから複製を選びます。

P7 修正用画面が開きます。もし、この表示と違うページが開いたら、上のタブから「処置マスタ」を選んで処置マスタページにしてください。
「処置マスタ」の横の項目番号をユーザーエリアの中の番号にします。今回は88001にします。この番号は重複しない番号を割り当ててください。
その横の項目名には「ハイブリッド冠」といれ、すぐしたの略称にも「ハイブリッド冠」といれましょう。もちろん、略称ですので、項目名を縮めた極をいれても構いません。

P8 処置の算定単位等の基本情報も必要でしたら修正します。
自費の項目ですので、「金額」の欄に税込みの金額を設定します。
自費項目でも、金額の請求を伴わない項目は金額を0にしておいても構いません。

P16_1 修正が終わったら、右上の「OK」ボタンを押して登録します。
キャンセルボタンの場合は登録されません。

P11 処置マスターへの登録が終わったので、次に処置名に項目を追加します。
マスターをマスターメニューから「処置」を選んで切り替えます。

P13 処置マスターの時と同様に同じMBを選び、これを複製します。
更新メニューから「複製」を実行します。

P14 処置名ページを開きます。もしこのページでない場合はタブで処置名ページに切り替えてください。
まず処置コードを、処置マスターに追加した88001番にします。
また、「同義語」も同じ88001番にします。

P15 同義語をいれると、処置マスタの内容が下の部分に表示されます。
処置マスタの付けた項目名「ハイブリッド冠」を処置名の「処置名」欄にコピーします。

P16 OKボタンを押して登録します。

P17 この状態で自費項目としては登録されました。
この時点でカルテメーカーを再起動すれば、このハイブリッド冠を入力できますが、処置から選択するのは面倒です。そこで、これを自費の処置セットに追加しましょう。
マスターメニューから処置セットを選んで切り替えます。

P18 リストの一番後ろの自費セットをダブルクリックして開きます。

P19 左に登録済みの自費項目がリストされています。
選択した行に項目が追加されていきます。何も選択しない状態だと最後に追加されていきますので、ここは何も選択しない状態にしておいて、下の「追加」ボタンを押します。

P20 処置選択ダイアログがでますので、先ほど追加した88001番ハイブリッド冠を選択します。
それをダブルクリックするか、右の追加ボタンを押すと、下のリストに追加すべき項目が表示されます。
複数の処置項目を追加する時は続けて上のリストの処置をダブルクリックするか追加ボタンでリストに加えてください。
選択し終えたら右のOKボタンを押します。

P21 選んだ処置が左のリストに追加されました。
点数改正時などの更新処理でこの処置がリストから消えないように、ユーザーのチェックもつけておきます。
これで、右上のOKボタンを押すと、処置セットが登録されます。
これで、処置セットにも登録されましたので、再起動すると使用可能になります。

P23 再起動したくない時は、ファイルメニューから設定を開き、システムページの下の方の、「処置マスター更新」と「処置セット更新」の更新ボタンを押してください。
これですぐに使える状態になります。

P25_1 サーバーでの追加処理が完了したら、クライアントのマスターの更新を行います。
クライアントを起動し、サーバーに接続します。
ファイルメニューから総合情報で、更新処理を選びます。

P26 マスターのダウンロードで「差分」ボタンを押します。
ダウンロードが完了したら、再起起動するか、先ほどサーバーで行ったように設定のシステムページでマスターの更新処理を行ってください。


2010/11/27

目次

目次


«80-001 自費項目の追加