2016年8月20日 (土)

新バージョン13.2b22.049h1をリリースしました。

新バージョン13.2b22.049h1をリリースしました。

これが4Dv13ベースの最後のバージョンとなります。4Dv15バージョンへのアップデートをするには、このバージョンでアップデートを済ませておく必要があります。

 

なお、4Dv13ベースのも、対応可能なマスタデータのアップデートのみ9月いっぱいは対応予定でいます。

しかし、10月のパラ点数の改定には4Dv13ベースのバージョンは対応しませんので、9月中に対応OSへのアップデートや新しいコンピュータ等への変更などの御対応をお願い申し上げます。

以下のマスターデータも更新しました。

処置名
4092 CRインレー[単] 
4093 CRインレー[複] 
4094 SRインレー[単] 
4095 SRインレー[複] 
37144 歯周初期治療訪問リハクラス
340038 SPT2

処置マスター
302 フッ化物歯面塗布処置
309 フッ化物歯面塗布処置(在宅)
314 フッ化物歯面塗布処置(エナメル質初期う蝕患者)
320 歯科特定疾患療養管理料
350 機械的歯面清掃処置
362 歯科疾患管理料
364 歯科疾患管理料 2回目以降
366 義管
2855 摂食機能療法
8190 歯科疾患在宅療養管理料(在宅療養支援歯科診療所)
8192 歯科疾患在宅療養管理料(1以外)
8260 在宅患者訪問口腔リハビリ指導管理料(10歯未満)
8262 在宅患者訪問口腔リハビリ指導管理料(10歯〜20歯未満)
8264 在宅患者訪問口腔リハビリ指導管理料(20歯以上)
37010 歯周基本検査[1~9歯]
37012 歯周基本検査[10~19歯]
37014 歯周基本検査[20歯以上]
37020 歯周基本検査[1~9歯]1月以内
37022 歯周基本検査[10~19歯]1月以内
37024 歯周基本検査[20歯以上]1月以内
37030 歯周精密検査[1~9歯]
37032 歯周精密検査[10~19歯]
37034 歯周精密検査[20歯以上]
37040 歯周精密検査[1~9歯]1月以内
37042 歯周精密検査[10~19歯]1月以内
37044 歯周精密検査[20歯以上]1月以内
37049 歯周病部分的再評価検査
37100 スケーリング
37102 スケーリング(1/3顎を超える)
37104 再スケーリング
37106 再スケーリング(1/3顎を超える)
37120 スケーリング・ルートプレーニング(前)
37121 スケーリング・ルートプレーニング(小)
37122 スケーリング・ルートプレーニング(大)
37123 再スケーリング・ルートプレーニング(前)
37124 再スケーリング・ルートプレーニング(小)
37125 再スケーリング・ルートプレーニング(大)
37130 歯周ポケット掻爬(前)
37131 歯周ポケット掻爬(小)
37132 歯周ポケット掻爬(大)
37133 再歯周ポケット掻爬(前)
37134 再歯周ポケット掻爬(小)
37135 再歯周ポケット掻爬(大)
37137 SPT1[20歯以上]
37140 SPT1[1〜9歯]
37141 SPT1[10〜19歯]
37144 歯周初期治療訪問リハクラス
37160 SPT2[1〜9歯]
37161 SPT2[10〜19歯]
37162 SPT2[20歯以上]
340003 基本検査
340004 精密検査
340038 SPT2
510000 チェック

薬価マスター
620003830 リノロサール注射液4mg(0.4%)
620006259 ソルラクト輸液 500mL
620007226 エリーテン注10mg/2mL 0.5%
620809804 トラネキサム酸注1g「NP」 10%10mL

公費マスター
28811002 兵庫県 81 乳幼児医療制度
28811003 兵庫県 81 乳幼児医療制度
28812002 兵庫県 81 乳幼児医療制度
28812003 兵庫県 81 乳幼児医療制度

病名
5272017 舌下腺炎

病名マスター
127 Ce
5272017 舌下腺炎

レセ病名マスター
5272017 舌下腺炎


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月28日 (木)

winでカルテ印刷できない〜(泣)

v15のアルファテスト中なのですが、winでカルテ印刷ができないことが判明(泣)

Macでは大丈夫なのに何故と、昨日一日格闘していて、やっと原因を特定しました。

原因は、背景となる1号用紙、2号用紙の画像が「pict」形式だったからでした。

伝統のあるMacのクイックドロウピクチャー(pict)、ついにv15のWin版では非対応となってしまったんです。Mac版はOSでかろうじて対応しているようなので、表示できたんですね。でも残念ながらpictはMac標準の画像表示ソフトのプレビューでも表示できないフォーマットになってしまっていますので、Macでも早晩使えなくなります。

そこで、画像を作り直すことになったのですが、この元画像を作ったのは「スーパーペイント」というこれまた古いマックファンには御馴染みのソフトのなのですが、今や完全に失われたソフトです。

pictフォーマットは元祖ベクター系グラフィックフォーマットですので、うまく開くことができれば、ポストスクリプトやSVGに変換できるはずなのですが、残念ながらpictフォーマットを読むことができるグラフィックソフトがもうほとんどありません。

いろいろ試したところ、「Omni Graffle」でpictフォーマットを取りこむことができるのがわかりました。でも、残念ながらベクターデータとしては無理でビットマップに変換されて取り込まれます。ですので、このpict画像を下絵にして新しくベクター系の画像を作成することにしました。

格闘すること数時間、やっと1号紙が完成しました。

いつもはこういう背景画像は印刷用に解像度を600dpi程度に上げjpegで保存した画像を使っているのでが、今回は同じベクター系のSVGフォーマットで保存してみました。

20160728_183133

印刷してみると

Img_4621_2

なかなか良い感じ

Img_4622

細かい字も細い線も滲みもなく、これなら完璧です。

SVGいいわ!

レセプトの背景はjpegの画像を使ってるのですが、細い線が滲んで2重になったように見える部分がでちゃうんですが、SVGだと大丈夫。

4DはSVGを標準画像フォーマットとして採用しているので、そのお陰かもしれません。

今後は徐々に、レセプトの背景などもSVGに切り替えていこうと決意しました。

SVGはHTML5との相性もよいですし、今後はもっと一般的に使われてくるんじゃないかなぁ。

 


 

 

歯科電子カルテシステム・カルテメーカーは月額15,000円
MacとWinの両方で利用可能、介護保険対応にも対応してます。

カルテメーカーの詳細はカルテメーカー・ホームページまで。
カルテメーカーを実際に動かしてみたいときは評価版をダウンロードできます。

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月27日 (水)

4D v15対応バージョンのアルファテスト開始!!

ちょっとブログの更新が途絶えていましたが、けっしてサボってたわけではありません。(^^;

現在使ってる4Dv13が、win10やEl Capitanのような新しいOSに対応できなくなってきたため、最新の4D v15R4への対応を進めていました。

4Dはv12以降、バージョン間で内部的な互換性はとても高くなっていて、基本的に大きなプログラムの変更の必要はないのですが、問題はインターフェース、特にフォントの問題でいつも悩まされます。

これはOS側、特にMac OSXがバージョンによってシステムフォントを変更するのが元凶なのですが、また、4Dがそれを上手く処理できていないというか、バージョンごとに対応が微妙に変わっていて、結果的に乱れてしまうんです。

今回のv13からv15への変更では、フォントの高さが変な変換をされてしまうため、文字の下の部分が切れてしまうという状態が発生しました。このため、表示系のオブジェクトのフォントスタイルの指定を全部指定しなおさないとダメという状況になっています。まあ、微妙に切れる状態なので、実用上はそのままでもいけないことはないのですが、格好悪いです。

そんなわけで、ちょっと時間ばかりかかってしまっているのですが、とりあえず良く使う画面での修正が終わって今日から自院での運用をはじめました。

20160727_92144

アイコンも変わってカッコ良くなりました。

20160727_92823

う〜ん、数人治療しましたが、表示や印刷でおかしいトコまだあるなぁ。ランタイムエラーも...

まだ、リリースまではちょっと時間かかりそう。

 


 

 

歯科電子カルテシステム・カルテメーカーは月額15,000円
MacとWinの両方で利用可能、介護保険対応にも対応してます。

カルテメーカーの詳細はカルテメーカー・ホームページまで。
カルテメーカーを実際に動かしてみたいときは評価版をダウンロードできます。

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)