« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

2008年4月12日 (土)

遂に到着

待ちに待ったISSキットが遂に到着しました。
キットはInterMountainRailway co.
が製作して、RealSpace Modelsが販売しているものです。
Dsc01222こんな感じの40cmX20cmX60cm位の段ボール箱が届きました。

Dsc01223中にはキットの本体、Enhancement Parts Set、RealSpace社が独自に製作して販売しているディティールアップ用のパーツ(ISS Detail SetISS Solar Array Support)が注文通り入っていました。

Dsc01224
キットの中身を広げるとこんなにたくさんのパーツがぎっしり詰まっています。
パーツはレジン製ではなくプラモデルと同じようなインジェクションのようです。パーツは塗装済みで素組みでもそこそこの完成度(こんな感じ)に仕上がるようです。


Dsc01227
RealSpace社製のレジンキットです。ISSのコア部分を実際に打ち上げられたISSを参考に製作されたもので、細かなモールドが施されています。こちらはズッシリと思いレジン製です。


こういったキットは作る前が楽しいですよね。
いろいろと参考にするために情報を集めてみました。
本家InterMountain社の公式ページ
Enhancement Parts Setの使い方の参考にします。
The ISS That Never Will Be
同じISSのキットの制作記です。カラーリングが詳細に紹介されています。
Keith McNeill
RealSpace社のギャラリーで紹介されているものです。建設途中のISSをモデリングしているのですが、圧倒的なディティールが凄すぎます。
建設現場
こちらは、レベルのISSキットをISSの建設手順に従って製作している方のHPです。

皆さん、凄すぎます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 2日 (水)

ISS発送!!

待ちに待ったISSのキットが遂に発送されました。
どのくらい待ったって、注文したのは2005年の11月!!
2年半です。
2年半。長かったなぁ。

昨日、注文先のReal Space Modelsから発送したとのメール。
順調に行けば2、3日中には届くはずです。(行方不明にだけはならないでくれー)

Iss4
キットはInterMountain RailWay Co.という鉄道模型の老舗がだしているもので、完成品でも扱っているのですが、完成品なら博物館クオリティーの素晴らしいものです。
今回注文したのは、それのベースとなるレジンキットです。
総パーツ数320。完成時の大きさは30インチX20インチX12インチという大きなモデルです。
実際のISSでも先月から遂に日本のモジュール「きぼう」の建設が始まりました。6月には本体の打ち上げ予定です。12月からは本格運用ということで報道される機会も多くなるでしょう。
私のISSの建設もなんとか「きぼう」の建設に間に合いそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »