« Pink Lady | トップページ | BEYOND »

2005年5月30日 (月)

ISS #2

DSC00012

本格的に作り出しました。 まずは後ろの部分、キットではのっぺりのままなので、写真を参考にパテを盛って彫刻しました。
DSC00013 メインエンジンノズルの形状も違うのでパテで修正します。
DSC00016 ドッキングモジュールの上方のドッキングベイは実機では無いので、パテで封鎖します。
スラスタはピンバイスで穴だけ開けました。
LLたまごさんのHPを参考にノズル作りにチャレンジしましたが、やっぱり根性続きませんでした。無理です。ハイ(笑)
http://homepage2.nifty.com/0G/iss/seisaku2.htm
DSC00022 デプリシールドパネルの周辺の折り返しの表現のため薄いプラ版を貼りました。ちょっと幅が広すぎました。
DSC00024 上下のへこんだ部分にパテを盛る準備としてマスキングします。
DSC00027 今回使ったのはポリパテっていうものです。硬化も早くなかなか良い具合です。ちょっと盛る時にベタつきますがタミヤパテよりは遥かに使いやすいです。素材の進歩はすごいですねぇ。
練る道具は本職の歯医者の道具です。セメント練板とセメントスパチュラやっぱり使い慣れた道具はいいですね。ところで模型や彫金の道具の多くが歯科用なの知ってました?

DSC00028
マスキングしたところにタップリ盛ります。匂いが強烈ですから、換気をしっかりしないとダメですね。

DSC00029
硬化したら、デザインナイフで彫刻です。初めてなので、どうもガタガタしてますが、まあ、デプリシールドのたるみの表現ということで無理矢理納得させることにしました。(笑)

上面の形状です。ノズル周りは後でもう少し手を加える予定です。

DSC00030
下面の形状です。側面パネルには適当にスジ彫りしました。


|

« Pink Lady | トップページ | BEYOND »

ISS制作記」カテゴリの記事

コメント

 おお、これは凄い!
かなり手を加えていらっしゃいますね。
この勢いのまま作り続けるのもなかなか大変かと思いますが頑張ってください!

投稿: LLたまご | 2005年6月 1日 (水) 22時11分

コメントありがとうございます。
はい、もうすでに息切れ状態です。(^^;
でもあせらずに作っていこうと思います。実機も足踏み状態ですけど、どっちの完成が早いかなぁ。

投稿: 矢嶋 | 2005年6月 2日 (木) 21時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54580/4341090

この記事へのトラックバック一覧です: ISS #2:

« Pink Lady | トップページ | BEYOND »