« デジタルX線との接続 取り込み1 | トップページ | デジタルX線との接続 »

X線画像の確認

gazoX40 カルテの画像部分をダブルクリックすると、画像が大きく表示されます。またこの画面は画像を登録したり大きさを変更するための編集画面でもあります。
カルテメーカーにはX線画像を分析するための機能はありません。これを補うために登録した画像をX線写真を扱う専用のアプリケーションに渡すことができます。また、同じように注釈等を書き込むような画像を修正する場合にもそれ専用の、例えばフォトショップのようなアプリケーションに渡すこともできます。
gazoX41 表示ドロップダウンメニューを開くと、画像を渡す先のアプリケーションの一覧が表示されます。必要なアプリケーションを選ぶとそれに画像を渡します。
gazoX43 Macでは有名なフリーの画像分析ソフトのImageJに渡し、輝度とコントラストの調整をしているところです。


« デジタルX線との接続 取り込み1 | トップページ | デジタルX線との接続 »